どこまで呼ぶ?家族葬の参列者

家族葬について

家族葬について 家族葬とは、家族及び親戚だけで執り行う葬儀のことです。葬儀の流れは、一般葬と同様ですが、参列される方が主に親類の方のみになります。近年では、家族葬で葬儀を済ませる家庭が増えている傾向にありますが、その理由についていくつか述べていきます。

少子高齢化時代ということもあり、亡くなった方の同級生も高齢で、それに伴い亡くなられている方や入院・介護施設に入所をされている方も非常に増えています。そのため、お通夜を含めて葬儀に参列される方が、以前より少なくなってきていることが一般的な実情です。また、お勤めされていた方では、定年退職をされた後、社会との繋がりが希薄になりがちなことも、家族葬が増える要因の一つです。その他としては、故人様の生前の考えとして、他人様の義理や儀礼を求めないこと、身内だけで静かにお別れしたい、葬儀にかかる費用を抑えたいといった意思が尊重される場合があります。

家族葬のメリット・デメリットについて記していきますと、参列される方が親族の方の場合は、精神的・体力的な負担が軽減されるため、故人様を偲ぶことに、ゆとりを持つことに繋がります。親族以外の参列者の方に対する気づかいや準備に追われることがなくなり、規模が小さくなるため、費用に関しても抑えることが出来ます。身内のみということで、香典返しや通夜振る舞いなども必要以上に気遣う必要がありません。自由な内容で葬儀を行うことが出来ますから、故人や遺族の意をくんでの葬儀が行いやすいです。

一方、参列者を限定することで、費用面だけではなくいくつかのデメリットもあります。訃報を新聞のお悔やみなどで確認してから、参列を希望される方も少なからずいます。その場合、お引き取りしてもらうことが難しいので、返礼品や精進落としの手配に追われることが想定されます。葬儀後に、自宅などに弔問に訪れる方の対応についても、考慮する必要があります。家族葬の参列は親族のみと考えていても、葬儀後のお付き合いを考慮して、お通夜または告別式にお呼びする方を、数人程度決めておいた方がいい場合もあります。対応を間違えると、今後のお付き合いに影響が出ることも考えられ、クレームなどの精神的な負担を受けることになる可能性があることも顧慮しましょう。

家族葬は、故人の意を汲んでの葬儀プランで進めやすく、近しい方のみですから気遣いという点での負担が軽減されるというメリットはありますが、事前に案内をしていても何かしらの形でお別れの挨拶に来られる方もいますので、そういったことも想定したうえで準備をする必要はあります。

お知らせ

  • [2018年07月30日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年07月30日]
    運営者情報を追加しました。